CASE STUDY /

歴史的風致を次世代に残すための自走できる仕組み作りうきは市 筑後吉井地区

エリアリノベーション地域経済再生
福岡県うきは市筑後吉井地区2018

福岡市から車で一時間弱の距離に位置するうきは市筑後吉井地区。平成8年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。町屋や土蔵が連なるまちなみや点在する寺社仏閣、そしてまちの経済を支えた河川や水路が特徴的な歴史的風致を有する町です。近年では若手のUIJターン者がカフェ、レストラン、本屋などおしゃれなお店を立て続けに出店している一方で、大型町屋の空き家が出てくるなど、深刻な問題にも直面しています。現在は、これらの大型町屋を活用した事業や地域で自走できる仕組み構築の支援を、地域に入り込んでご一緒させていただいております。

  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • うきは市 筑後吉井地区
  • Photo by ワタナベ・カズヒコ